reservation.gif

ブログ検索

妊娠中の食事と子どものアレルギー

先日、外来で質問されたのですが、 「妊娠中に特定の食品(卵や牛乳など)をたくさん食べたら、赤ちゃんがアレルギーになる」という話を聞いたのですが本当ですか? という質問がありました。 妊娠中の食事制限はその後の赤ちゃんのアレルギーとは何も関係ない、というのが、現在の考え方の主流です。 アレルギーは体質の素因も大きいので、両親もしくは、母親、父親のどちらかにアレルギーがあれば、子どもにアレルギー体質は遺伝することがあります。 ただし、もちろん、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギーの病気…
https://sugimoto-kids-clinic.com/clinic/index.php/blog/blog_160630_1500/

くる病

最近、「ビタミンD欠乏性くる病」に罹る乳幼児が増えているという報告を読みました。栄養不足を象徴するような昔の病気が、なぜ食生活豊かな今、また出てきたのでしょうか。 その背景には、食生活の偏りと、日光照射の不足があるようです。 ビタミンDは、カルシウムの体内への取り込みを手伝う働きをします。 ビタミンDが不足すると、カルシウムを小腸から吸収することができなくなり、骨の石灰化が障害されます。 石灰化されない骨は脆くなり、体重がかかると曲がってしまいます(O脚)。 また、骨が伸びなくなるため身長の…
https://sugimoto-kids-clinic.com/clinic/index.php/blog/blog_150720_2200/

タグ

アーカイブ

2017

2018