reservation.gif

ブログ検索

溶連菌感染症

最近、インフルエンザは殆どみられなくなりましたが、溶連菌感染症の患者さんが増えています。 溶連菌感染症は、正しくは「A群β溶血性連鎖球菌」という細菌による感染症のことです。短くして「溶連菌」と呼んでいます。 症状は、通常は、発熱・咽頭痛で発症し、初期には普通の風邪とほとんど区別がつきません。吐き気や腹痛をともなう場合もあります。典型的な症状が出ると、イチゴのようなブツブツの舌(いちご舌)になり、紅い細かい発疹(紅斑)が皮膚にでてきます。全身に出る場合もありますし、どこか、あるいは数カ所に出る場…
http://sugimoto-kids-clinic.com/clinic/index.php/blog/blog_160418_0054/

タグ

アーカイブ

2017

2018